最新記事

今回は予備校と学習塾の比較について書きたいと思います。従来では、両者の指導学年は異なっているので、比較することがあまりありません。ところが、近年は予備校に中学生や小学生を指導して欲しいという要望の声があり、そうした声を聞く予備校も出てきています。具体的には、予備校の中に中学生部門や小学生部門が設けられるようになりました。そこで、プロ講師による授業が行われるのですが、最近は教材も出版しています。高校受験用の教材や、中学受験生向けの教材などです。このように、指導対象年齢の拡張減少が起こっています。こうした予備校の進出にたいして、学習塾も個別指導の導入などをおこなって、サービスの多様化を模索することで、切磋琢磨している状況にあります。

SKMコンサルタントのサイト

ベストセラーズについて書かれております

関連記事

  • 今回は学習塾の比較について書きたいと思います。近年は指導スタイルの違いから集団指導塾と個別指導塾の比 …

    詳細はコチラ

  • 学習塾には色々なタイプのところがあります。個別指導をおこなっているところや、少人数制のところ、1クラ …

    詳細はコチラ

  • 子供が通う学習塾を探す場合には、資料請求なども利用して慎重に選ぶことが重要です。また役立つ情報を得る …

    詳細はコチラ